読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青の味方

ゆるゆる遠征芸人のこじらせた思考回路

新しい世界へ 君と手を繋いで

 

歳を重ねるにあたって、自分でライブハウスという場所を選びました。

大人になったもんですなあ。偉くなったもんですなあ。人生で最初で最後かもしれないから許してくれ。余生に乞うご期待。

 

f:id:cider_cider:20160830194507j:image

 

めちゃくちゃ好きになった、ircleのツーマンへ。長尺の機会があんまりないのと、なによりカゲロウと夏をその日に聴きたくて。青春18切符って便利です。ふらっと出かけてくるってノリで気楽に東京に行けるんだから。

 

いってよかったー。最高の夜でした。

 

はじめは、現実味がなさすぎてポカンとしてたんだけど。ステージに現れるメンバー見て、おお、本当にライブ見に来たのね、なんて今更思うかそんなことみたいな感想を。バンドが変われば気持ちも変わるもんです。

現実味が生まれてきたのは、数曲やったあたり。風の中で君を見たんだの前に「生き急いだっていいだろ!」って河内さんが言ってて思わず頷く。GOはあんまりやらないみたいで、聴けてよかったと思ったわたしの感覚は正しいようだった。

 

嘘つき少年より からの流れが、まあ、すごくて。あんなMCはずるいよなあ。一瞬で終わるつもりなんてなかったのに、振り返ったら一瞬の恋だったって。あの歌詞で言うの。わたしはあの歌を聴くたびに、愛かどうかを決めるのは受け取った方の勝手だから、そんな風に歌ってくれるなよって思ってる。というか、腫れ物に触ってくれたんなら、それもう愛だろ。そこから、アルバムと同じ流れでカゲロウと夏。あーーー「上空へ去っていく」で上を指差す河内さん見れて感無量です!「神様にも渡すもんかと 手を繋いだな 覚えてるか」の歌詞の威力は本物。あと、サビでドラムのリズムを刻む感じが好き。おかげさまでわたしの夏は終わりました。ありがとうございます。

新曲、光の向こうへは、聴くのは実は二度目なんだけど、改めて聴いてめちゃくちゃいい曲だなって思った。連れて行ってくれるというか、呼ばれたり引っ張ってくれたりしちゃう曲に弱い。他力本願ですまん。

確かにシンガロングしたい曲だ。そういうのガラじゃないなんて言わなくてもいいじゃん。「分かんなくても大丈夫だよ」って言ってくれたの、優しかったけど、遠慮すんなよおい!って思った(笑)いつか、ワンマンで、この曲やって、みんな自然と手も声も上がって、それはしあわせな景色になるんでしょう。

「まだ夢の途中なんだよ!」って始まるセブンティーン。くる!って思った時の高揚感たるや。本当にめっちゃ好き。最後の曲は、まさかのサーチライトで。流れが完璧すぎて泣きました。歌い方も、ちょっと縋るような話しかけるみたいな声で「あなたの何かになりたいの 私がなりたいの」って。サーチライトは歌詞を始めて読んだ時、どうしたもんかなあ 困ったなあ と それこそ本当の事と同じくらい 途方に暮れてしまって。同じ理由できみが セ をいつか聴きたい。

 

アンコールは、優だったんだけど、対バン発表の衝撃がすごすぎて、あんまり記憶になくてもったいなかった。いや、本当に、もったいなかった!「大丈夫」の歌い方が、あったかくて、うーん、想像しているより温度があって、この人に大丈夫って言われたらぜんぶ大丈夫かな、なんて思った。

 

 

うん、本当に最高の夜だった。

ムロフェスの時は、闘志に燃えるライブだったけど、やってやんぜ 刺される前に刺すぜくらいの勢いだったけど。対バンにもよるのか、この日はすっごくホーム感あった。あと、メンバーみんなそんな笑顔で演る!?ってくらい笑顔なの、見てるこっちがしあわせになる。

バンドマンとファンを「愛しい他人」という関係って、まさにそれって話。直接的にはなにもしてくれない、まさに他人に、勝手に救われて勝手に励まされて、心底好きになって。でも、そんな傍迷惑な他人がいないと、相手もなにも出来ないのは確かで。単純なのに、ややこしい関係。

 

他人だけどさ、どうか笑顔で毎日を過ごしてくれたらなって思うんだ。いや、他人だからか、そう思えるんだ。そのくらいの距離感が丁度いいと思う。ちょっと近いかな。まあ、いいか。

 

 

ライブハウスは、相変わらず夢が詰まってる。だから、現実に戻るには、いつもちょっと時間がかかる。 ……電車に揺られるの、そろそろ飽きました(笑)