青の味方

ゆるゆる遠征芸人のこじらせた思考回路

そこには正解はないよ あるのは矛盾です

 

お久しぶりです。もう5月が終わるんですって。はっや。突然なにって話ですけども、いろいろと積もる話がありまして。

まずはとりあえず、無事に新社会人としてなんとかやっております!通勤だけが敵だーーー!

 

さて、最愛のバンドであるcinema staffが、またもや最高傑作「熱源」を発売した話は、また今度。

 

今日は、別の話。しかも、長い。

 

わたしがライブのために遠征するほど好きなバンドがいることは、職場では積極的にバラしています。

ということで、4つ上の先輩にダイレクトマーケティングをしようと「eve」と「Vector E.P.」を貸しました。好きそうな曲の解説の手紙までご丁寧につけて(笑)

 

先輩は、音楽はあまり聴かない人で、まあ、ダンス経験者だからもともとインストばっかり聴くらしくて。「そんなに期待しないでよ〜〜〜」と言われつつも、「もちろん好きになってくれたら嬉しいですけど、好きになってとは言わないです。なんか、思ってくれたら、嬉しいなって話なんです」って言って。

そりゃあ、好き嫌いは人それぞれだから、こんな得体の知らない 好き を押し売りしてくるやつに、興味だけでも向けてくれるの有り難いなあって思うじゃないですか!

 

で、昨日、返却と。

その時に、言ってくださったことが、新規というか他所から見たcinema staffの話で、わたしにはすごく新鮮だった。

もちろん分かっていることなんだけれど、改めて気づかされたというか。あと、曲だけでそこまで分かっちゃうのかあっていう驚き。

 

まず初めに言われたのは、「もっとエグいロックバンドだと思ってたら、声がすごくよくて、聴きやすくて、さわやか。音とのギャップがすごい」って。あーーーこのひと、絶対好きになるならいいだみずきだーーーと、初めてのライブに行った時のわたしを思い出した。当時のわたしと同じこと思ってるーーー!

 

次に言われたのは、「若い」ってこと。「年齢のわりに曲が若い」って。ずっとバンドマンとしてやってきたから、少年や青年がそのまま年を重ねた感じなんだろうなあって。ツイキャスやラジオでわたしも感じていたことではある。大学生男子のつるんでる感じ、今でもそのままなの微笑ましいけども。

「すごく憧れたり、遠くにいる感じではなくて、背中の見える感じ。中高生や20代にはすごく響くんじゃないかなあ。ファンも若そう」そこまで限定してはないけど、確かに。

売っていくには、若干ターゲットが狭い気もするけど、長い目で見たら将来的にも好きでいてくれるファンがたくさんいた方がいい。どうやってずっと好きでいてもらうかってところが大事な気がした。って、んなこと本人たちもきっとわかってるごめんな!

また、「オープンではない身内感」もやっぱり言われた。本人たちにもあるし、ファンにもあるから、納得しかないけれど。ホーム感という意味ではよくもあり、新規開拓という意味では悪くもあり。

あと、「長く好きでいてくれるファンのこと、裏切るようなことしたらダメだって思ってんだろうなって、曲から伝わってくる」と。「いい人たちなんだろうねえ、情に厚そう」とまで言われる………

 

「ライブでお客さんの顔見えるんだから、この人たちの期待に応えたいって、思っちゃうよね」そう言われると、いろんな言葉を思い出してしまう。変に縛られてしまったりしてないといいな。

 

曲のタイトルをあげて、第一印象のジャンルをざっくり分けてくれた。

 

商業的でひらけていると感じたのは YOUR SONG

自分がドラマの主題歌で使うならこれと言われたので、単発ドラマで使われましたと言ったら、そのために作った感じある、と。

 

間をとっている聞き流していたら思わず耳に入ってよく聴くとスルメ曲 返して と somehow

ちなみに番外編みたいといったので、その曲だけ作詞曲が違いますと言ったら納得してた。わかるもんだなあ。

 

想像するロックな感じに振り切っている ビハインド

もっと振り切ったのも聴いてみたいなあって。まだまだ先があるんじゃない?というわけで、シャウト曲もあるんで今度貸しますと伝えました(抜かりなし)

 

「作ってる人が、とても器用な人だなと思った。でも、それは同時に中途半端さにも繋がるというか。曲が売れたいって言ってて、自分たちの音楽と求められる音楽の交差点に、どうしたらちゃんと立てるか、思い悩んでる印象を受けた」

前情報なし、曲を聴いただけでそこまでわかる!?!?!

「どこか夢を見ていて、諦められなかったり、諦めざるを得なかったり、そういう人に響くバンドだと思うよ。どんな風になってくか、見てみたい」

改めて、頷いてしまったというか。だから、バズったり爆発的ヒットはしない。でも、ひとりひとりのファンに深く愛されるバンドだ。と、わたしは思う。結局、そういうことなんだけど。バンドって人だから、過去も未来も地続きで、今あることがすべてなんだけど。cinema staffってとっても人間らしいと思う。

 

自分でも改めて、なんでこんなに好きなのか、確認できたような気分だった。

勝手にされて迷惑だろうけど、自分以外の、言わば他人に、後は頼んだって思えたのも、cinema staffが最初で最後だから。

 

以下は、余談。

なかなか本気の余談です。

 

先輩「なんにも知らないのに偉そうにごめんね」

わたし「曲だけでこんな風に言ってもらえる機会なかなかないので、とても嬉しかったです。ありがとうございました」

先輩「でも、こんなに好きになれるものがあるってのはいいことだよ、本当に」

わたし「先輩も好きになったらいいじゃないですか!!!」

先輩「わたしねえ、酒とかタバコとか、危ないってわかってるものには、今は手を出してないの。一時期、DJ聴きに行ってクラブにハマってて。もはや依存症っていうか、入り浸っててなんにもしなくなっちゃって」

わたし「えっ どのくらいの期間ですか」

先輩「3年かなあ。今のままじゃまずいって思って、なんとか絶って。2年かかった。今も、また行ったらそうなっちゃうかもって怖くて行けないもん(笑)」

 

という、ディープな展開。

 

先輩「でも、そのものの場に依存してたから、バンドマンみたいに対人じゃなくてよかったなって」

わたし「わかります。バランスが崩壊しています」

先輩「生活に支障が出なきゃ大丈夫!」

わたし「ただ対人だと、もはやこんな自分じゃこの人の前に立つ資格ない、とか、情けなさすぎてライブに行けない、とかは、思いますよ」

先輩「あ〜〜〜なるほど、そこまでになったらもういいと思う」

わたし「ツアー始まります」

先輩「体調だけは気をつけなきゃね!」

 

応援までされる。

うん、いい会社に入りました(結論)

 

新しくて透き通る明日をちゃんと連れて来てね

 

 

気づけば春。

天気が情緒不安定すぎて、地球は大丈夫かなとも思いますが、季節はぐるぐる巡っていくものです。

 

終わりが始まることには相変わらず慣れず、もちろん新しい始まりにも慣れず。生きにくい人間だなあと思いながら、それでもなんとか生きている。そんな毎日です。

 

ただ、恵まれているなあと、思います。なににって、なにもかもに。わたしは、だいぶ好きなように手前勝手に生きている。別にきっと、わたしよりも恵まれている人もいない人も、この世には山ほどいくらでもいるはずで。

じゃあ、なにかって、わたしは恵まれていると気づいて、感謝する気持ちを持てたことが、とても恵まれているなと感じるんです。

 

という、下書きがあったので。

一体、なにがあったんだ。毎年、変化を感じていたのだから、今年なんてきっと変化しかないに決まってる。

 

 

愛じゃなくて 恋じゃなくて 最後に残るのは「好き」なんだ

 

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。春の陽気を感じながら、移り変わりゆく季節にどうしたって寂しさや切なさを感じてしまいます。別れと出会いの日々です。

 

ここ最近のお話。徒然なるままに。時系列は、現在から過去へ。

 

1.何度も足を運んでいる横浜、実はライブは初めて。リザードお疲れ様でした。いいことも悪いことも思うところがたくさんあったライブになりました。もちろん、ライブは最高。わたしが、ファンとしての在り方を定期的に考えてしまうだけ。

 

2.念願の中華街だったのに、桂宮でエゴできなかったのが心残りすぎるので、また行きます、よろしく。今度はツアーかしら。

 

3.Shout it Out新譜発売おめでとうございます。本日のタイトルです。若くて、青くて、未熟で、だからこそいまの最高を見せられた気がしました。ライブを見て、初めて好きになった年下バンド。帰宅したら旧譜が届いているはず。新譜を聴いて、たまらなくなってしまって、注文した。ワンマンライブに行きたい。

 

4.人が生きたり死んだり、おめでたかったりお悔やみ申し上げたり、私情でも激動でした。やたらと涙脆くなったことだけは痛感してる。つついたらすぐ泣く。負の感情も愛しいと思えるようになったし、どこからともなく感謝ができるようになったし、本当に、一度、生まれ変わったんじゃないかってくらい、心境の変化がなにかしらあって。ただ、しあわせと恵まれていることを感じる日々です。した努力が、それ以上に報われている。

 

5.ミーハーなのでアカデミー賞が発表された翌日に、勢いでラ・ラ・ランドを見に行きました。いつも見るのが邦画ばかりなので、洋画、しかもミュージカルなんて久しぶり。音も画もめちゃくちゃよくて、映画館で見ないともったいない映画でした。

よくある、本当によくある夢追い人のラブロマンス。でも、ラストこそ思い切り刺されるような、パワーがあって。一番思ったのは「あなたがくれた未来に、あなたがいない」ということ。でも、そうでなければ今のわたしはいるわけがなくて。お互いに背中を押しあって離れていくことが、どれほどの覚悟が必要かは出来れば今後も知りたくないです。

アラサーは刺さった包丁を抜くと出血多量で死ぬので抜けないけれど、アラフィフになると刺さった包丁もすぐ抜けるって、一緒に見に行った母が言ってた。

 

6.スプサマのツアー初日、十三。そういえば、この日も海についてが最後だった。同じ曲でも、また違うよさがあるって、すごいことだなあ。わたしは、マイヘアの対バンで見た 君になりたい が、あまりに最高すぎて、超えられないんじゃないかって今でも思ってるんだけれど、やはり「いいライブができるハコ」ってあるらしい。シネマは、いつも今が最高だ。

 

7.プロだからこそ、職業と名乗っているのだと、強く思う。ただ、出来れば過程すらもかっこよくありたいとも思う。そうなれますように。

 

8.シネマ以外の岐阜。レゴ企画。バンドによって、どんな熱を帯びるかはまったく違って、好きに決まった形はないんだなあと思う。ファイナルの新木場、後悔したくないから、というよりは、行けばよかったかなあ まあいいか、と好きに対して適当な気持ちを抱くのが嫌で、行くことにした。ファンならやはり、この目で目撃したいじゃないか!

 

9.学生という職業が終わる。現実味がないままで今に至る。卒業式も、自分がどんな気持ちで迎え、過ごすのか、想像すらつかない。けど、怖いわけでも怯えているわけでもない。未来があるって、いいことだなあ。

 

10.箱庭戦争渋谷。今年の記憶はここから始まったと言っても過言ではない。なぜか自名義が火を吹いて、とんでもない場所で見てしまい、あっという間にこじらせる(笑)この日は本気なファンしかいなかったので圧縮が異常で、終わった後、足腰が痛くて立てなかった。

アルバムとツアーの発表があって、今年もここから始まれるんだって嬉しくて。ルーティンなんて言わせない、確実なサイクルで、毎年ここから始まりたいって本気で思っています。というわけで、今年も末永くよろしくお願いします。

 

数え切れないほどの 好き に 心からの感謝と敬意を。春はすぐそこ。

 

 

この世の果てがどこであれど 願いを捨てないでって今日も言う

 

ircleツアー関東圏スリーデイズが無事に終わりまし!た!アコースティックで新宿インストア、大ナナイト企画で高崎と宇都宮。対バンも3バンドは多いよーーーなんて文句言ってたけど、どのバンドもよさがあったし、なによりShout it Outは新譜も予約してワンマン行くって決めたくらいよかった。

いやあ、めちゃくちゃ楽しかったし、個人的にはやっと新譜が自分のものになった気がする。音源を聴いて、いろんな音の存在に気づくようになった。ピンとこなかった歌詞に、泣いてしまうようになった。なにより、どの曲も本当に好きになった。既存曲と同じくらい「ircleの曲だ」って思えるようになってよかった。最初はやっぱりピンとこないものなんです(笑)

orangeとBlackbirdはアルバム曲というかリード曲っぽさしかないからひとまず置いとくけど、アルバム曲って感じがして好きなのがダイバーコール。サビでメンバーみんなの「オーオーオーーー」って声が入る感じ含め、ライブで聴けると嬉しくなっちゃう。まあ、こないだの和歌山で聴けなくて思ったことだけど!

orangeは前から泣いてしまう曲だなあと思っていたけど、ツアーを通して泣くようになってしまったのは、Blackbirdです。正直、『俺たちの歌だ』ってインタビューを読んで、へえ〜〜〜くらいな印象で。サビとか、終わり方とか、めちゃくちゃいいのに!もっと!感受性豊かに!してこうな!?!?!高崎ではアンコール、宇都宮では最後の曲だったんだけど、泣いちゃったねえ。バンドとファンは両想いなんだぞって思って聴いてたねえ。

 

あと、宇都宮のアンコールで聴けた本当の事はさあ、センターでやっぱり聴きたいんだよなあ。欲を言えばちょっと離れて後ろで見たい。端にいると、メンバーみんなを見ることができないんだよ。なんでって、ひとりひとりの熱量がすごすぎて、目の前の光景に持ってかれちゃうから。「愛してるなんて 言われた時は」ってきた瞬間、血が沸騰する。あんまりやりすぎないようにと、一度一度を大切にできるようにと、バンドもファンも最近は思ってると思うけど、それでも予想通りでも期待を裏切らずに絶対的に求められていて、圧倒的にいつだって最高である曲が、たった一曲でも、存在しているってすごいことじゃない?

 

………物販やサイン会でバンドマンと比較的話せる方な気はしているけども、今回は本当にバカの一つ覚えみたいに同じことしか言えなかった。誰に対しても。ircleはメンバーみんな好きすぎて困る。挙動不審だったな………すいません……

 

インスタグラムがブログかな?ってくらいどいつもこいつも書き散らしてありますので、このへんで。ふんふん。

ちなみに今は、気が狂うほど浮かれた夜から、失恋かなってくらいの喪失感に襲われた朝を迎えたところです。今までもライブたくさん行ったけど、いつまで経ってもこればかりは慣れない。

 

今日は、しねますたっふ箱庭戦争渋谷だよーーー!何気にファイナルだよ!

すべての意味があなたになるように歌にしよう

 

突然だけどLEGO BIG MORLのRayの歌詞は、もう朗読会でもした方がいいってくらいよき歌詞だと思う。

「僕のありったけで、そう、ありったけで都合のいいように受け取る」って自分のことを言われたみたい人生だった。誰にでも当てはまる「あなた」の方が共感性が高くて売れるんだろうけど、思わず顔が浮かぶような「あなた」を歌った歌の方がわたしは好きだ。

 

さて、また1ヶ月近く………あいてしまっ…私生活でバタバタしていて、なんとかカタをつけて、終わらせて今に至る。長かったような、短かったような。毎日が記憶喪失だから、よくわからん。

 

最近はいろんなバンドを好きになれて、とてもしあわせ、かつ充実している。こんな風に好きになれてよかったなって思うくらい。意識的にそうなるように視線を逸らしたり外したところもある。結果オーライなので、成功したのでは。ただお金と時間と体力が足りない。以上。

 

2月も3月もまだまだ飛ぶぞ、ラストスパート!約3年と思うとあっという間!

今はどう? 元気でね

 

あけましておめでとうございます!!!なんと!一ヶ月の更新がありませんでしたこのブログゥ……なんでかって忙しかったというか浮ついていたというかなにがあったんだろう(笑)

 

今年もよろしくお願いします。

誰に言うわけでもないけど。これからも、のんびりゆったり好き勝手に言葉を散らかしていく。

 

さてさてさて。年が明けまして。待ち遠しかったわけです、まだ待ち遠しいけども!じゃんじゃかじゃーーーん!ircleの新曲「orange」のMVが一足先に公開。

 

https://youtu.be/qjBnwCH2_og

 

第一印象としては、「すっごくいい歌だけど 優しすぎてかなしすぎて途方に暮れる」し、「売れない これが売れる世界ではいけないのではとも思ってしまう」でした。もちろん否定したいんじゃない。なんていうか、誰に彼にも届かなくてよくて、本当に必要な人にだけ届くべき歌すぎるって話。

 

歌詞は相変わらず最高。はっきりと鮮明に情景が浮かぶ曲ってなかなかいない。日本語万歳。ここ最近、油絵の具じゃなくて水彩絵の具っぽい(なにを言いたいかまったく伝わらない例え)ドラムも気持ちよく入ってくるなあと思って、MV見てた。映像と写真のバランスがいいのもあって、印象的だったのかも。音楽的なことは語れないから切り上げる。早々に。ああ、やっぱりなにより声が好き……

 

常々、売れろ売れろと唱え続けてきたけど、確かになにで売れたら満足かって難しくて。前作「光の向こうへ」も未来が拓けるような、明るくて前向きな、連れて行ってくれるような曲だったけど、わたしとしてはこれで売れてほしい曲ではなかったんだよな。いや、めちゃくちゃいい曲だよ、大好きだよ。

でも、商業のラインにのっけるには違うなって。どうしたらいいんだよ、おい。某バンドもそうなんだけど、商品じゃない、作品であることは素晴らしいことで、そして、そこが好きだ。だって、 誰にでも当てはまるストーリーじゃなくて、エピソードがある曲は、商品じゃなくて作品だもん。そんな曲を鳴らすバンド最高じゃん!

 

本音を言えば、どれもこれもいい曲だから、アルバムを通しで聴いてくれよと贅沢なことを思っちゃうね……ヒットの法則なんてもんは知らんけど、キャッチーな一曲さえあればどうとでもなる時代な気はする。果たして、ircleにとってはどんな一曲がなるんだろう。

 

個人的には「本当の事」で売れたら言うことないけど、それもまた違うよなあ。もういい、考えるのやめよう。

とにかく売れろ。なんでこんなに売れることにこだわるかって、売れたら誰も不幸にならない皆しあわせになるからだよ!そしてなによりバンドの健康寿命が伸びる!

わたしにはせいぜい、新譜を予約して買って、ライブ行って、物販でなんか買って、友達に宣伝という名のオススメをすることくらいしかできない。そして、そのぶん救われて、日々の生活を送っているわけで、値段以上に生きる力をもらっている。バンドを消費して生きてる。

 

本当は、こんなこと、考える必要も意味もないんだろう。でも、わたしにとっては大事なんだ。

レコ発、楽しみ。ライブハウス、ステージの上、バンドマンがいちばんかっこいい場所で、聴くのが楽しみ。

 

もらった命を 拾った時間で鳴らすだけ!

 

続きです。大阪からの名古屋、そしていよいよ帰宅!

 

161202

大阪に到着。VIPライナーは無料で使えるラウンジがあるので、そこにひとまずイン。シャワーを浴びる。25分 500円で(階段を上がる時間も込みなので実際は35分に設定してくれる)バスタオル200円。そのあとも11時まで滞在。途中でチケ発(大勝利)のためローソンまで激走するシーンがあったけど、なかなかに大変だった。

 

お昼は、駅の洋食レストランで。ケラケラというビアレストラン。ビール飲みたすぎたけど、昼からは我慢。ランチでスープ付のハンバーグ&ステーキが1080円。ハンバーグが謎の柔らかさだった。なんで?ソース美味しかった。ステーキは、この値段ならこんなもんかって感じ。配達に来た酒屋のお兄さんの挨拶がさわやかすぎて心癒される枯れっぱなしのわたし。

そのままホテルに移動。チェックインの時に受付のおばさんに「今日はコンサート?」と聞かれ、「若い子が多くてね。嵐が来てるんでしょ^ ^」と言われる。通りでホテルがないと!奥が長すぎて独房感があるビジネスホテル。

 

f:id:cider_cider:20161205131315j:image

 

ハコの最寄りまで移動して友達とカフェで駄弁る。メニューにあったから飲んだけども、大阪ミックスジュースってなに?(どうやら調べたら、『バナナやみかん、黄桃、パイナップルなどの果実をぶつ切りにし、これをミキサーに入れ、牛乳と一緒に混ぜた飲み物である。』らしく、牛乳を関東ではいれない?とか?)

 

ライブの後は、塩ラーメンが食べたくてホテル近くのあわざの海老塩ラーメン味玉子トッピングで。780円+100円。

さっぱりの塩味に、もう口の中に広がる海老海老海老……味玉も味加減や火の入り具合がちょうどいいし、チャーシューとろっとろだし、美味しすぎて食べ終わるのもったいなかった。

f:id:cider_cider:20161205131905j:image

 

ちなみにハイボールがジョッキなのに350円で、最初はメンマ付。まじでおすすめ。お会計の時に餃子無料券ももらえたもん!また行きたい!!!

f:id:cider_cider:20161205132108j:image

 

都会っぽさがすごい。そんなことない?

f:id:cider_cider:20161205132200j:image

 

161203

またもやチケ発(敗退)をこなし大阪から名古屋へ移動。バスの早割が取れたかつ、ウェブ乗車券で1860円。謝恩割だと1500円だったりする。けど、12月はないのかな。

 

ルクアに入ってるカフェでチキンポットパイを食べてから。野菜たっぷりのスープとシチュー入りのパイを崩しながら食べて、冬を感じる。

本当はタルトが美味しいお店のようで、食べたかったけど、ワンピースが大きすぎたので、また今度。

 

名古屋に着いてからは、ビッグバンによる戦争のためロッカー全滅の駅は諦めて、少し歩いた地下鉄のロッカーに荷物を預ける。

タワレコに行って、特典などなどと触れ合って、友達と合流したあと銀座ライオンナポリタンを食べる。美味しい、が、量が多い。あと、下に玉子ひいてあるのってどこもなのかな?名古屋のイメージがあるけども。目の前でビールを飲まれたが我慢したのえらい。

 

ライブ後は鈍行で帰ったわけですが、この日は人身事故があったようで異常な遅れと人の多さ。あんなすし詰めのJRを初めて地元付近で見た。なんとか帰ったけど、体力オバケさすがに力尽きる。もうむり。な気待ちで余韻などなくなる(笑)

 

ちなみに、起きてから上がってた写真を見て「やだ〜〜〜笑顔かわいい〜謎柄のセーターちゃんと見れたなにこれいつから着てんのよかわいい〜〜〜〜〜〜元気出た よし行くぜ」ってなったので、無事にスケジュールの狂いはありませんでしたとさ。

 

こうして振り返ると長かった。

けど、しあわせな時間はあっという間。なんで、ライブや遠征中は時間が流れるのがはやいのか。お疲れ様でした!