読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青の味方

ゆるゆる遠征芸人のこじらせた思考回路

この世の果てがどこであれど 願いを捨てないでって今日も言う

 

ircleツアー関東圏スリーデイズが無事に終わりまし!た!アコースティックで新宿インストア、大ナナイト企画で高崎と宇都宮。対バンも3バンドは多いよーーーなんて文句言ってたけど、どのバンドもよさがあったし、なによりShout it Outは新譜も予約してワンマン行くって決めたくらいよかった。

いやあ、めちゃくちゃ楽しかったし、個人的にはやっと新譜が自分のものになった気がする。音源を聴いて、いろんな音の存在に気づくようになった。ピンとこなかった歌詞に、泣いてしまうようになった。なにより、どの曲も本当に好きになった。既存曲と同じくらい「ircleの曲だ」って思えるようになってよかった。最初はやっぱりピンとこないものなんです(笑)

orangeとBlackbirdはアルバム曲というかリード曲っぽさしかないからひとまず置いとくけど、アルバム曲って感じがして好きなのがダイバーコール。サビでメンバーみんなの「オーオーオーーー」って声が入る感じ含め、ライブで聴けると嬉しくなっちゃう。まあ、こないだの和歌山で聴けなくて思ったことだけど!

orangeは前から泣いてしまう曲だなあと思っていたけど、ツアーを通して泣くようになってしまったのは、Blackbirdです。正直、『俺たちの歌だ』ってインタビューを読んで、へえ〜〜〜くらいな印象で。サビとか、終わり方とか、めちゃくちゃいいのに!もっと!感受性豊かに!してこうな!?!?!高崎ではアンコール、宇都宮では最後の曲だったんだけど、泣いちゃったねえ。バンドとファンは両想いなんだぞって思って聴いてたねえ。

 

あと、宇都宮のアンコールで聴けた本当の事はさあ、センターでやっぱり聴きたいんだよなあ。欲を言えばちょっと離れて後ろで見たい。端にいると、メンバーみんなを見ることができないんだよ。なんでって、ひとりひとりの熱量がすごすぎて、目の前の光景に持ってかれちゃうから。「愛してるなんて 言われた時は」ってきた瞬間、血が沸騰する。あんまりやりすぎないようにと、一度一度を大切にできるようにと、バンドもファンも最近は思ってると思うけど、それでも予想通りでも期待を裏切らずに絶対的に求められていて、圧倒的にいつだって最高である曲が、たった一曲でも、存在しているってすごいことじゃない?

 

………物販やサイン会でバンドマンと比較的話せる方な気はしているけども、今回は本当にバカの一つ覚えみたいに同じことしか言えなかった。誰に対しても。ircleはメンバーみんな好きすぎて困る。挙動不審だったな………すいません……

 

インスタグラムがブログかな?ってくらいどいつもこいつも書き散らしてありますので、このへんで。ふんふん。

ちなみに今は、気が狂うほど浮かれた夜から、失恋かなってくらいの喪失感に襲われた朝を迎えたところです。今までもライブたくさん行ったけど、いつまで経ってもこればかりは慣れない。

 

今日は、しねますたっふ箱庭戦争渋谷だよーーー!何気にファイナルだよ!